日本環境保全株式会社

小型高温有害物質溶融炉・環境保全に付随する機械の製造販売の日本環境保全株式会社

プライバシーポリシー

各種実験結果報告書

コンテンツご案内

  • 会社案内

    会社案内

    日本環境保全株式会社についてのご案内です

  • 製品案内

    製品案内

    小型高温有害物質溶融炉「NK-1000」の製品案内

会社情報

日本環境保全株式会社

■所在地 : 〒300-1234
茨城県牛久市中央5-15-5
■TEL : 029-874-4351
■FAX : 029-874-4344
地図
  • 公開実証試験の目的

    公開実証試験の目的

    ・煤塵を如何に出さずに有害物質を溶融するか?
    ・煤塵が排出されたときに如何に補足するか?
    ・補足する煤塵の量はどのくらいか?
    ・溶融したスラグの性質は?
    ・煤塵補足に使われた水の性質はどのようになるか?
    ・排ガスのHCL濃度は?
    ・ダイオキシン濃度はどの程度なのか?

これらを総合的に調査するため

公開実証試験

  • ロックウールショット溶融実証試験(平成26年1月15日、23日実施)

    ロックウール

    溶融実験日時:1月23日(木) 10:00より
    10:50 溶融前ロックウールショット投入確認
    小分けロックウール計量
    15㎏/袋×1袋+16㎏/袋×8袋=計143kg

時 間 炉壁温度
(炉内温度約+200℃)
エマルジョン燃料
油量メーター
(A重油85%+水15%)
油量(ℓ) 水砕スラグ排出確認
11:00 着火 - 6261 -
11:30 1162℃ 6295 34 -
11:40 1250℃ - 水砕スラグ排出
12:00 1310℃ 6330 35 水砕スラグ排出
12:30 1367℃ 6380 50 水砕スラグ排出
13:00 1364℃ 6420 40 水砕スラグ排出
159ℓ
溶融スラグ計量(SUSバケツ使用)
13.5㎏+12.5㎏+9.5㎏+14㎏+6.5㎏+3㎏+12.5㎏+7.5㎏+2.5㎏+11㎏+11㎏12.5㎏+11.5㎏+12㎏
溶融スラグ計量(SUSバケツ使用)
 ・合計139.5㎏
  • アスベスト無害化実証実験(平成18年4月11日実施)

    青石綿

    ■ 天  候:曇/雨
    ■ 気  温:14℃
    ■ 視察人員:330社73名
    ■ アスベストの種類と重量:青石綿97.6Kg

時 間 作業内容 温 度
炉内/水砕/冷却/洗煙
燃料/PH 備 考
9:30 ガスバーナー着火 -/15/15/15 12ℓ/7.5 苛性ソーダ投入
10:00 主バーナー着火 507/15/15/15
11:00 850/17/17/15 30ℓ/- 苛性ソーダ投入
11:30 ガスバーナー埋火 970/24/18/15 -/7.01
12:00 1250/28/20/17 32ℓ/- 苛性ソーダ投入
12:30 1370/36/21/29 -/7.01
12:40 スラグ排出 1412/-/-/- -/-
13:00 1433/45/24/31 35ℓ/- 苛性ソーダ投入
13:05 基礎測定開始 13:05〜13:30
ダイオキシン測定 13:30〜17:30
(4時間)
13:30 1456/46/28/32 -/7.01 苛性ソーダ投入
14:00 1451/51/30/34 37ℓ/- 苛性ソーダ投入
14:30 ホッパー内アスベスト投入開始 1460/53/34/34 -/7.02
15:00 1453/50/38/39 35ℓ/- 苛性ソーダ投入
15:30 1457/50/38/39 -/7.2
16:00 1493/50/45/40 36ℓ/- 苛性ソーダ投入
17:00 1431/50/52/40 35ℓ/7.23
17:30 埋火 1452/50/55/42
・燃料合計 252ℓ
・炉内温度は雰囲気温度、溶融温度は100℃〜150を℃プラス
  • NHKによる取材風景

    NHKによる取材風景

  • スラグ排出

    計量測定

  • アスベスト無害化実証実験(平成18年5月30日実施)

    白石綿

    ■ 天  候:晴れ
    ■ 気  温:21℃
    ■ 視察人員:34社52名
    ■ アスベストの種類と重量:白石綿350Kg

時 間 作業内容 温 度
炉内/水砕/冷却/洗煙
燃料/PH/投入量/排出量 備 考
7:35 ガスバーナー着火 -/23/36/24 236/-/50/-
7:55 主バーナー着火 200/-/-/-
8:20 ガスバーナー埋火 800/-/-/- -/7.84/-/-
8:30 1010/27/36/26 213/-/-/-
9:00 1211/34/36/29 194/7.28/50/-
9:05 スラグ排出 1221/-/-/- -/-/-/17 中和剤投入
9:35 1412/-/-/- -/-
10:05 1358/70/37/36 156/7.08/50/30 中和剤投入
10:30 1370/72/41/40 132/-/-/- 基礎測定開始 13:05〜13:30
ダイオキシン測定 13:30〜17:30
(4時間)
11:00 1400/71/43/39 113/7.12/50/50
11:30 1387/69/46/42 125/-/-/- 中和剤投入
12:00 1351/65/50/44 99/7.03/-/50
12:30 1318/67/54/46 104/-/-/-
13:00 1320/67/58/49 89/-/50/- 中和剤投入
13:30 1383/67/59/48 70/7.04/-/60
14:00 1354/73/64/48 56/-/50/-
14:30 1388/80/65/50 59/-/-/-
15:00 埋火 1340/83/69/54 46/6.98/-/43 中和剤投入
・燃料合計190ℓ
・投入合計350㎏
・排出合計200㎏
※炉内温度は雰囲気温度、溶融温度は100℃〜150℃をプラス
  • 白石綿

    白石綿

  • 防塵室内作業

    防塵室内作業

  • アスベスト無害化実証実験(平成18年6月22日実施)

    茶石綿

    ■ 天  候:
    ■ 気  温:24.5℃
    ■ 視察人員:22社30名
    ■ アスベストの種類と重量:茶石綿及び吹き付け等(ベニヤ板・石膏ボード)560㎏

時 間 作業内容 温 度
炉内/水砕/冷却/洗煙
燃料/PH/投入量/排出量 備 考
8:00 ガスバーナー着火 -/24/33/25 6/7.26/100/-
8:30 主バーナー着火 710/24/33/25 -/-/-/-
9:00 ガスバーナー埋火 1070/25/38/28 21/6.01/-/- 中和剤投入
9:30 1209/27/35/31 31/7.92/-/- 中和剤投入
10:30 1316/29/38/38 31/7.92/-/- 中和剤投入
11:00 スラグ排出 1341/30/39/39 45/7.38/-/15
11:30 1397/31/40/43 -/-/-/50
12:00 1402/32/44/46 49/7.02/50/23 中和剤投入
12:30 計量準備完了 1360/33/46/46 -
13:00 測定開始 1363/34/49/46 38/7.13/70/35
13:30 測定開始 1370/37/55/47 - -
14:00 1354/37/57/48 37/7.05/50/41 中和剤投入
14:30 1334/39/58/48 - 中和剤投入
15:00 1387/39/59/50 41/7.01/70/33 中和剤投入
15:30 1395/39/61/50 - -
16:00 1408/39/61/50 43/7.03/100/52 中和剤投入
16:30 1415/39/63/50 -
17:00 測定終了 1437/39/63/50 44/7.05/70/45
17:30 埋火 1421/39/64/51 44/7.05/70/45
・燃料合計190ℓ
・投入合計560㎏
・排出合計244㎏
※炉内温度は雰囲気温度、溶融温度は100℃〜150℃をプラス
  • 環境測定

    環境測定

  • 計量測定

    計量測定