日本環境保全株式会社

小型高温有害物質溶融炉・環境保全に付随する機械の製造販売の日本環境保全株式会社

プライバシーポリシー

会社案内

コンテンツご案内

  • 会社案内

    会社案内

    日本環境保全株式会社についてのご案内です

  • 製品案内

    製品案内

    小型高温有害物質溶融炉「NK-1000」の製品案内

会社情報

日本環境保全株式会社

■所在地 : 〒300-1234
茨城県牛久市中央5-15-5
■TEL : 029-874-4351
■FAX : 029-874-4344
地図

経営理念

経営理念〜私たちは、常に環境問題・汚染問題をはじめ生活環境や地域環境を考え、地球に優しく人類の暮らしやすい環境を創造することを目指しております。

会社概要

項 目 詳 細
商号 日本環境保全株式会社
JAPAN ENVIRONMENTAL PRESERVATION CO.,LTD
本社所在地 〒300-1234
茨城県牛久市中央5丁目15番地5
TEL 029-874-4351(代)
FAX 029-874-4344
研究所 茨城県稲敷市柴崎居鑓6954-1
設立 平成5年5月
資本金 50,000,000円
従業員数 10名
事業内容 ・小型高温有害物質溶融炉「NK-1000」の製造販売
・溶融炉より排出される煤煙を中和浄化する排ガス装置製造販売
・その他環境保全に付随する機械の製造販売
・上記機械のメンテナンス事業
・排出スラグの再利用計画とコンサルティング業務
・一般建設業
役員 代表取締役  古渡 周作
取締役    青木 京一
取締役    大山 重憲
監査役    柴田 淳一
認定事項 平成7・8年度茨城県新製品等開発支援事業助成金
中小企業創造活動促進法認定
茨城県工業技術振興基金工業技術開発奨励賞
経営革新計画法承認
厚生労働省補助金対象機器認定
取引銀行 常陽銀行 牛久支店
三井住友銀行 牛久支店

関連会社

会社名 詳 細
株式会社 環境技研 茨城県牛久市中央5丁目15番地5
TEL: 029-874-5881
FAX: 029-874-4344
URL: http://www.kg-kankyogiken.co.jp/
環境工学 株式会社 福島県双葉郡浪江町大字昼曽根字昼曽根71番地1
コーリン工業 株式会社 茨城県稲敷市柴崎6952番地1

外部技術提携先

提携先 内 容
茨城大学工学部(共同研究) 担当 : 梶谷修一教授
機械開発研究
茨城大学農学部(共同研究) 担当 : 白井誠教授
溶融スラグによるアオコ消滅研究
茨城大学工学部
都市システム工学科(研究会参加)
担当 : 福沢公夫教授
都市ごみ溶融スラグ有効利用研究会
茨城県テクノパーク派遣事業

沿革

年月日 詳 細
平成元年 創業
平成元年 基礎研究開始 独・米国の製品視察 独自技術研究に打込む
平成3年 焼却炉及び溶融炉研究所を設置(茨城県稲敷郡新利根町)
平成5年5月 日本環境保全株式会社設立
平成8年 茨城県新製品等開発支援事業認定(工振第528号)
平成7・8年度助成金を受ける
平成8年4月 茨城大学工学部 梶谷修一教授と共に共同研究開発を開始
平成8年8月 【灰処理装置】の特許出願 特願平8-228285号
平成8年10月 茨城県工業技術センター テクノエキスパート派遣事業の認定により、筑波大学 拓殖俊一名誉教授のもと技術指導・学術理論の確立を行う
平成10年3月 特願平10-73229号 【灰処理装置】の特許公開
平成10年3月 茨城県中小企業振興公社より工業技術開発奨励賞を受賞
平成10年6月 熊本県人吉球磨広域行政組合山江ごみ処理場にて、実用化実証試験開始
平成11年5月 【燃料の燃焼方法、バーナー及び灰処理装置】 の特許出願 特願平11-138412号
同時に国際特許(韓国・台湾)出願
平成13年3月 【ポリ塩化ビフェニルの燃焼分解方法及び高温焼却装置】の特許出願 特願2001-60431号
平成13年9月 国立台湾科技大学と「教学研究賛助契約」を締結
平成13年9月 台湾高雄市に溶融炉「NK-1000」を設置
平成14年7月 【燃料の燃焼方法、バーナー及び灰処理装置】 台湾で特許取得 第153171号
平成14年10月 【ジメチルエーテル火花点火機関】の特許出願 特願2002-288838号
平成15年8月 【硬化材及びこれを用いた硬化体の製造方法】の共同特許出願 特願2003-294900号
平成18年 アスベスト溶融の公開実験開始 
第1回(4/11)・第2回(5/20)・第3回(6/22)
平成19年1月 【灰処理装置】の特許取得 第3907243号
平成19年2月 【燃料の燃焼方法、バーナー及び灰処理装置】 韓国で特許取得 第10-0681602号
平成19年8月 【燃料の燃焼方法、バーナー及び灰処理装置】 特許取得 第4004181号
平成21年1月 【ポリ塩化ビフェニルの燃焼分解方法及び高温焼却装置】の特許取得 第4244270号
平成24年10月 【エマルジョン燃焼用混合器及びエマルジョン燃焼用混合液体供給システム】の特許取得 第5102246号

取得特許権

特許番号 取得国 詳細
特許第3907243号 日本国内特許 灰処理装置
特許第4004181号 日本国内特許 灰処理装置用の燃料の燃焼方法、灰処理装置用のバーナー及び灰処理装置
特許第4244270号 日本国内特許 ポリ塩化ビフェニルの燃焼分解方法及び高温焼却装置
特許第5102246号 日本国内特許 エマルジョン燃焼用混合器及びエマルジョン燃焼用混合液体供給システム
特許第153171号 中華民国特許 燃料の燃焼方法、バーナー及び灰処理装置
特許第681602号 大韓民国特許 燃料の燃焼方法、バーナー及び灰処理装置
※上記は、いずれも「燃料の燃焼方法、バーナー及び灰処理装置」の特許権です。

アクセス

アクセスマップ